社会福祉法人 芹田福祉サービス

眠りSCANについて

2018/04/01 10:18:00

ぬくもりの里伊勢宮では「眠りSCAN」というマットの下に敷くだけで呼吸数・心拍数・離在床・睡眠・覚醒の情報がモニターやタブレットでリアルタイムに確認できる最新の介護支援設備を導入しています。(全床導入は長野県東北信地域初)

 

「眠りSCAN」はパラマウントベッド(介護ベッドで国内シェア1位)の最新の製品となっており、介護ロボットに属する設備となります。

職員が見守りをしやすくなる安心感のほか、入居者様の呼吸数・心拍数などのシグナルをいち早く察知して

対応ができるという安心感もあり、好評を頂いています。

パソコンなどの端末で、施設の各入居者様の状態をリアルタイムに一覧で表示されます。例えば夜間、各入居者様の睡眠や覚醒状態を確認することで、スタッフは効率的に適宜必要なケアを提供することができます。

睡眠、呼吸数、心拍数などの情報は蓄積され、1か月間の動きを知ることが出来ます。

それによって健康状態の把握が出来るようになり、入院を未然に防ぐなどの効果が得られています。

 

これからも眠りSCANを含めた最新の機器の活用によって、ご入居者様が安心して生活できる環境づくりを進めてまいります。